日本以外でも

    金やプラチナといった実物資産の買取は今後も需要が高まると予測されています。幾つか要因があり、一つは現在、日本の...

    Readmore

    専門店で

    金やプラチナそのものの価値は世界的な「相場」によって決められます。世界的に共通した価値であることから、遺産や投...

    Readmore

    チェックせよ

    多くの日本人が、昔からブランド品や金、プラチナなどの高価な品を愛用してきました。自分で買ったものもあれば、知り...

    Readmore

歴史

お金を握る手

日本では古くから貴金属の買取を行なっていたわけではありません。
バブルが弾けた頃から専門店などが増え買取が盛んに行なわれるようになりました。
それまでは質屋や特定の宝石店で買い取ってもらうというのが一般的でした。
しかし、ここ数年でプラチナなどの価格が一気に上昇しました。
それまで1g数百円で取り引きされていたものが2000年を境に上昇を始めます。
2005年頃には2000円前後、2008年頃には4000円前後と急激に上昇します。
この頃からメディアでも大きく取り扱われるようになります。
またバブルの時代は大きめのアクセサリーなどが流行ったこともあり、一般の人も不要なアクセサリーなどを買い取りに出すようになり始めました。

予測する

貴金属のレートはここ数年では落ち着きを取り戻しています。
数年前のように急激に上昇したり急に下降するということはないと言われています。
そのため買い取り市場も安定すると予想されますが、高齢者世帯などにはまだ数多くの不要なアクセサリー類が残っていると言われておりまだ予測ができません。
その一方で、レアメタルなどの希少なメタリックについては買い取りがより盛んになってくると言われています。
電子機器などに多く使われているので、不要になった携帯電話などの買い取りを行なう業者が増えてきています。
今ではユーザーが減少しているガラケーと呼ばれる初期の携帯電話でも、壊れて使用できなくても1台数百円からと比較的高額で買い取りが行なわれており今後も業者が増えてくるでしょう。

貴金属を売る時の注意点

金やプラチナの買取価格は市場のレートによって日々変動しています。
毎日そのレートは変わっているのでもし売る場合はレートをチェックしてから査定に出すのがより高く買い取ってもらう時のコツです。
アクセサリーはデザインが古いものや壊れて使えなくなってしまっていても「重量」で買い取ってもらうことができます。
それを知らずに、使えなくなってしまったからと捨てないように注意しましょう。
また、古いアクセサリーや使い込んだものなどは素材を示すマークが薄くなって見えなくなってしまっていたり消えている場合もあります。
素人ではなかなか判断がつきにくいものですので、間違って捨てないようにしましょう。
素材が分からない場合は一度査定に出してみるのが失敗しない方法です。

オススメリンク

ダイヤを売る時に失敗しない方法が分かるサイト/ダイヤモンド買取の体験談

日本以外でも

金やプラチナといった実物資産の買取は今後も需要が高まると予測…Read more

確認する

金やプラチナの買取は歴史は海外を含めると非常に古いです。日本…Read more

選択肢

金やプラチナの買取は宝石商などが専門的に取り扱うことが多かっ…Read more

関連リンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年5月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031